夜の九份と夜市コース - 所要時間約8時間

幻想的な町並みの九份、その周辺の魅力的な景色を堪能。グルメな夜市も満喫!

台北郊外では定番の観光地の九份へ。その前にかつてこの地が金や石炭の採掘地として栄えていた事に関係する不思議な自然の景色の見学と、日本統治時代には東アジア一の金山と呼ばれた金鉱跡地に建てられた黄金博物館へご案内いたします。九份にてゆっくりと自由散策をお楽しみいただいた後はホテルへ送迎の前にちょっと寄り道。華やかな入場門と胡椒餅で有名なお店のある饒河街観光夜市での食べ歩きやお買い物をお楽しみください。

コース概要

 乗車地
  移動:60分
 陰陽海(滞在:10分)
  移動:15分
 黄金瀑布(滞在:20分)
  移動:15分
 黄金博物館(滞在:30分)
  移動:20分
 九份散策(滞在:90分)
  移動:90分
 饒河夜市(滞在:90分)
  移動:30分
 降車地

陰陽海

滞在時間:10分


正式名称を濂洞湾といい、通称黄金海岸とも呼ばれています。この場所では周辺に鉱山が多くある事から、山から海へ流れ出る水が科学反応により茶褐色に染まり、それが海に流れ出て半分は茶色に、半分は海の青のままの不思議な海の色をしています。風水の太極図で陰と陽を示したようにも見える事から陰陽海と呼ばれています。

移動15分

黄金瀑布

滞在時間:20分


陰陽海に注ぐ川の上流に位置する不思議な岩の色をした滝。雨が降ると岩石内の硫化成分が空気や水に触れる事による科学反応で川床の岩の上に黄金色のような沈殿ができ、その上を水が流れている事から黄金の滝と呼ばれるようになりました。

移動15分

黄金博物館

画像提供:台湾観光局

滞在時間:30分


かつては金の採掘で栄えた鉱山の記念館。鉱山は約30年前に閉山されましたが、当時は東アジア一の金山と呼ばれた山での生活の様子や坑道の跡などを金属鉱業遺跡として残す取り組みが始まり2004年に黄金博物館としてオープンしました。砂金取り体験コーナーや坑道を再現した施設などがありますが、中でも一番有名な展示物は世界で2番目に大きな約220.3キログラムの大金塊です。

※ 黄金博物館が休館の際は、金鉱博物館へのご案内となります。

移動20分

九份散策

滞在時間:90分


かつては金鉱で栄えるも鉱山の閉山後はすっかり廃れてしまった集落が台湾映画の名作、悲情城市の舞台となった事から再び脚光を浴び徐々に観光客が増え始め、ノスタルジックな雰囲気の町並みがあるアニメ映画の舞台に似ていると話題を呼び、今では台湾の一大観光地となりました。お菓子や烏龍茶など売る屋台が無数に並んでいる基山路の散策や、急な石階段沿いに赤提灯の並ぶ景色を眺めてみたりと思い思いの散策時間をお過ごし下さい。

移動90分

饒河夜市

滞在時間:90分


台北市東部に位置し、松山慈祐宮から装飾の豪華な門と門の間に真っ直ぐ伸びる約600メートルの一本道沿いに様々な商店や屋台が並んでいます。美食の夜市としても知られ、特に毎晩長い行列の出来る福州世祖胡椒餅が有名です。

観光マップ

運転手付きレンタカーをもっと知る

他の観光名所巡りコースを見る






Loading・・・